WPtest1

1.求められる人材
日本人の閉塞感
 
バブルがはじけて10年以上も過ぎ、毎週日曜日のテレビ討論番組では、社会を改革するための処方箋を伝えています。為すべき事は、皆わかっているのに、誰も実行できない。

所属政党をぶっ壊してでも、改革する。」といった人物を選んでも、改革は進まない。変化できないことへの苛立ちから政治、経済、教育、日常生活とあらゆる場面で、かつてない不測の事態が、次から次へと連鎖的に発生する。

様々な事情が複雑に絡み合って、総論では賛成だが、各論では反対してしまう人が多数いる限り、社会の早急な変化は望むべくもありません。しかし、短期的にも見ても、長期的に見ても、日本の最重要課題のひとつである教育問題を先送りすることは、許されないのです。日本は、石油の噴出す国でもなければ、強大な軍事力を持つ国家でもありません。一人一人の総体的な能力こそが、かつての日本の繁栄を築いてきた根源なのです。現代のドッグイヤー(犬の年齢のように早く進む)のような素早い変化を求められる時代に、「昨日と同じ今日、今日と同じ明日。」を望むメンタリティーでは、民族の衰退を意味することになってしまいます。

ではなぜ、アメリカやイギリスがおこなったような、果断な社会の変化を受け入れることが出来ないのでしょうか。

 

はじめての投稿

パブリック・スクール
(後継者を養成するための真の全人教育)
1.求められる人材
日本人の憂鬱
長引く、景気の低迷から、日本全体に元気がない。高度経済成長とよきにつけあしきにつけ語られた時代は過去のものとなり、プラス1パーセントでも前年度GNPを上回れば上出来という状態が続いている。「現下の、経済状況を景気循環の調整局面と捉え、本格的な構造改革を先延ばしにしている政府がけしからん」と、責任のない評論家は、批判ばかりしている。しかし、ことは、現存するものを壊したり、変えたりする事への抵抗感の強い、日本人ひとりひとりのメンタリティーの問題であって、簡単に構造改革が進むとは、考えられない。なにより、改革される組織に所属する人たちにとっては、死活問題なのである。
バブルがはじけて10年も過ぎ、毎週日曜日のテレビ討論番組では、その処方箋を伝えてくれている。為すべき事は皆わかっているのだが、実行できない。してくれないことへの苛立ちから政治、経済、教育、日常生活とあらゆる局面で、かつてない不測の事態が、次から次へと発生し、後ろ向きの閉塞感の強い状態のまま、年月だけが過ぎ去っていく。それが今の日本の状況といえよう。
作品
学校入口